脱皮の達人・日本は崩壊して生まれ変われる

バブル崩壊は「欲望という心のバブル」崩壊であった

 バブル崩壊はお金のことだけを思いがちですが、私からいわせれば、お金より日本人の欲望の肥大化、いうならば日本人の心がバブルを呼び、必然として崩壊に至ったのです。いわば、欲望バブルの崩壊です。それはとりも直さず、アメリカからきた成功哲学の悲惨な結末というのが私の考えです。

 あくなき個人の欲望追求のはてに、バブル崩壊がきたのです。欲望バブルは崩壊すると、個人を自殺に追い込みやすいのです。私の知っている限りでも、成功哲学を追いかけた末に、自殺に追いやられた人たちが多数います。それは、人間の欲望を夢や希望におきかえるだけのことです。何のことはない、単なる自分だけの欲望、エゴの追求でしかありません。成功哲学という言葉の響きのよさの陰に、幾多の人たちが泣いている状態は悲惨そのものです。
  エゴの追求はほんの表層で、個人の心の奥深くの内面からの思いが大事なのです。

次の記事を読む

佐藤康行公式ブログ「日本人が世界を救う。」
http://ameblo.jp/satouyasuyuki