脱皮の達人・日本は崩壊して生まれ変われる

バブルとは「エゴ」と「ニセ者志向」の産物

 人類は現在、破裂の渕に立っているということを主張する人がいます。
  そのとおりです。
  その破滅は、何ら悪いことではありません。このことは何度も申し上げてきました。

 なぜかといえば、「破滅」は即「生まれ変わり」のときだからです。蛹から蝶へ脱皮する、そのときに蛹のぬけ殻を見るか、蝶を見るかです。
  蛹が破壊され、破滅して蝶になっていきますね。蛹の破壊のほうを見るのか、蝶として再生されたほうを見るかです。
  ものごとがいきづまりをみせている状況に対して、それは「蛹の状態」とみるか、思いきり脱皮して「蝶の状態」と見るかの違いは、大変大きいのです。
  破滅の渕の話も全く同じ状況といえます。なぜなら、宇宙の現象の根源は同じだからです。その観点で見れば、破滅は何ら悪いことではないのです。

次の記事を読む

佐藤康行公式ブログ「日本人が世界を救う。」
http://ameblo.jp/satouyasuyuki