新しい意識の時代の個人・家庭・仕事・政治社会

「人間の作った自由」から、究極は「神にそった自由」へ

 次に、意識の時代になると仕事、いわば会社や企業はどのようになるのかということです。日本は資本主義社会の一員ですが、この枠組はどう変わるのでしょうか。

 私は、いまの時代は資本主義社会であると同時に、自由主義社会であるととらえています。自由は大きく分けて二つあります。

 一つは、人間の思う自由です。
  もう一つは、神にそった自由があります。

 資本主義社会、イコール自由主義社会といわれている自由とは、要するに人間が作った自由です。それは確かにある程度は自由ですが、地球全体から見て本当に自由なのかということです。
  この点、わかりますか。

 地球全体から見たら、本当に自由なのかということを考えてみましょう。
  地球温暖化、環境破壊、森林伐採、酸性雨問題をはじめ、病気や戦争などさまざまな問題が山積しています。人間の住む環境の危険度は増すばかりです。

 これらはとりも直さず、人間が生みだした自由から来た結果なのです。確かに小さな部分としてとらえれば、人間が自由にふるまった結果ですが、大きな全体から見ると、じつは、先にのべたような難問が立ちはだかっている不自由な姿になっているのです。

 たとえば、泥棒が「どう動こうが俺の自由だ」といって、人の家のものを盗んだとします。それは泥棒ひとりにとっては、自由でしょうが、盗まれた家と合わせてみたら、絶対自由ではありません。
  なおかつ、泥棒を捕まえて留置場なり刑務所に入れたら、泥棒は間違いなく不自由になります。
  だから、人間の編み出した自由には、必ず限界があるということです。

 一方、神の創った自由には、限界がないのです。どこまでも、どこまでも無限に繁栄しつづけることになるからです。いわば、どんなことにも、どんな場合にも壁がなくなるということです。
  神が創った自由とは、地球単位よりも宇宙単位でとらえる自由ということになります。宇宙ステーションに住むとか、宇宙空間も視野に入れた自由でとらえるということです。
  これこそ、究極の自由でしょう。
  だから神にそった自由こそ、究極の自由なのです。

次の記事を読む

佐藤康行公式ブログ「日本人が世界を救う。」
http://ameblo.jp/satouyasuyuki