新しい意識の時代の個人・家庭・仕事・政治社会

奪い合いからあたえ合いの豊かな時代がはじまる

 究極の自由に移行していく経済社会とはどのようなものかと問われれば、神のみぞ知るとしかいいようがないでしょう。
  正直、予想も立てられませんし、私がやるわけでもありません。

 それは、奪い合いではない世界になっていくでしょう。あたえ合いの中での自由な社会になります。
  奪い合いとは、個体対個体という次元です。一方の個体が豊かになるために、相対する個体の分を少しでも奪おうという世界です。そうではなく、個体と個体がひとつになったら、どちらもひとつという意識になれば、相手から奪う必要がなくなります。

 こうもいえます。全体としてのひとつという意識が常に上位にある考え方です。
  企業は、人間の欲望の満足のために、企業利益というエゴを追求する存在です。
  エゴの追求をすれば、必ず競争が出てきます。資本主義とは、競争で成立つ社会ですが、一方で、奪い合いの世界の限界を示しているのです。

 しかし、あたえ合うのは、全体はひとつという観点からの世界です。
  それは「知識万能」の時代から、「意識が中心」になる時代への転換です。いってみれば「知識」によるエゴの追求から、人類の最高の意識である「愛」を中心とする時代への転換ということでもあるのです。

 たとえば結婚生活を考えてみるとよいでしょう。夫婦になる前のふたりは、ひとり対ひとりでしたから、自分のものと相手のものとの区別は明確ですが、結婚したら家庭の中のものは基本的にひとつに融合したものになるでしょう。夫の給料だろうと、財産だろうとひとつの家という単位でひとつのものとなります。

 家庭内でこれは私のもの、これは誰々のものと多少区別するにしても、基本的には家族という単位のひとつのものとして考えてこそ、全体がうまくいくということです。

次の記事を読む

佐藤康行公式ブログ「日本人が世界を救う。」
http://ameblo.jp/satouyasuyuki