新しい意識の時代の個人・家庭・仕事・政治社会

宇宙意識から政治を見ると本質がよくわかる

 国民全体の意識が確実に変わりつつあることを見るには、国民がどのような政治家を選んでいるかでわかります。
  たとえば、鈴木宗男と、小泉純一郎の違いです。鈴木宗男に代表される政治家は、田中角栄が元祖ともいえるでしょうが、すべて自己利益誘導型ということです。利益は自分のため、自分の町のためと、自分の元にひき寄せます。
  基本はすべて自分のため、自分中心です。

 当然、自分が当選したら協力してくれた人たちに仕事をあてがったり、論功行賞的人事をしたり、根回しや人脈を大事にし、金の力で人や物事を動かし、人間関係を決め、ボス的支配力で政治をとりしきります。
  この典型が田中角栄や鈴木宗男でした。
  ところが小泉純一郎型政治は、人脈もさほどもたず、財力もさほどなく、組閣のときもあちこちの派閥から有力な人材をひきぬいて寄せ集めでやっています。
  小泉純一郎氏は政治家の所得番付では、鈴木宗男よりはるかに下でした。コネや根回しは、ほとんど感じられません。

 鈴木宗男型政治と正反対のやり方をして、比較的高い人気を得ている背景には、何があるのでしょう。
  じつは国民は鈴木宗男型な政治にうんざりしているのです。ということは、小泉純一郎を上まわる、さらに徹底した政治家があらわれたら、その人物が総理大臣になる確率は非常に高いといっていいでしょう。
  これは、大変いい時代です。

 自分のもとに利益をひきつけるのか、それとも世の中にある利益を自分のものにせず、外に放す、世の中に返していくのか。
  後者のやり方こそ、これからの意識の時代にふさわしい政治です。
  そういうやり方でいくのが新しい商売でもあり、経営でもあり、新しい政治、新しい世の中の方向でもあるのです。じつは、国民はすでにそのあたりを心の底では知っているのです。すでに胸のうちではわかっているのです。むしろ国民全体の意識は、いまの政治家よりもはるかに進んでいるといえるでしょう。

 それは、個体的な発想から全体的な発想への脱皮です。
  商売でも自分の儲けを先にするのか、お客様の利益を優先するのか、その結論は目に見えています。

次の記事を読む

佐藤康行公式ブログ「日本人が世界を救う。」
http://ameblo.jp/satouyasuyuki