黄金の国・日本は、使命に目覚めた調和の国になる

ソクラテスの「無知を知る」ことの本質を考える

  ある人から「佐藤さんのやっていることは、すでにソクラテスがやっていますよ」と、言われたことがあります。
  ソクラテスのやったことは"産婆術"ともいわれ、魂の根源の大切さや、人の幸せ、善いものとは何か、勇気とは何かについて、対話の相手と討論しながら、本質的な理解を相手に促すという意味で、"産婆術"とか"産婆法"といわれています。

 ソクラテスの言いたかったことは、人間は究極の根源については何も知らないということ、いわば「無知を知る」、「無知の知」に目覚めよということにあります。

 これに対して私がやっていることは、究極の根源は「宇宙意識」「神の意識」に目ざめることで、それは誰でもできるというところに根本をおいています。
  ソクラテスの「無知を知る」のではなく、「自分は宇宙の一部であり、また神そのものでもある」ということに気づくことこそ、究極の人間としての存在意識であると、私は確信しているのです。
  私は、そこがソクラテスとは断然違うと思っています。

 ただ、「産婆術」という意味合いからいけば、私のやっている「真我開発講座」は、究極の自分とは何か、つまり本当の自分とは何かを悟るための「産婆役」といえないこともありません。
  そのことを、私は「産婆役」というよりも、「神の操り人形」といっています。神が私に、人々を神に目覚めさせるために操り人形としての役割をあたえてくれている。私は、そう思っているのです。

 よくある宗教は、神を当人の背中に掲げて、神の方針や意向を具体的な啓示や教えとして当人が受けとり、それを当人自らの教えとして説くやり方です。
  いわゆる教祖といわれるような存在がそれです。
  そうして独自の教義によって、人々を迷いや悩みから救い出すとか、現世利益をうるためのさまざまな教えを信者たちに伝えるべく、組織化して、その団体の勢力や影響力の拡大をはかろうとする活動は、一連の宗教団体を見ているとよくわかります。

 教義のおしつけや組織化とは全く無縁なのが私のとっている方法です。いや、私はあえて宗教とは正反対のやり方をしています。一般にいう宗教団体とは人を集め、お金を集め、教えを広める活動に代表されます。

 私はその逆です。寄付を募ったり、信者を勧誘する組織をつくり報賞をあたえて、人をしばったり、教祖を崇めることなどとは一切無縁です。いや、むしろ意識して、そうしないように、そうならないようにしています。そこが既成の宗教団体とは百八十度違います。
  なぜそうするかといえば、宗教がはたしてきた狭い役割りには、限界があるからです。
  人間にとって真の宗教とは、宇宙の根源に各自が気づくことであり、宇宙はひとつ、すべてはひとつという宇宙の法則に目覚めればいいだけのことだからです。

次の記事を読む

佐藤康行公式ブログ「日本人が世界を救う。」
http://ameblo.jp/satouyasuyuki